コラーゲンとアンチエイジングの関係性について知っておきたいこと

コラーゲンとアンチエイジングの関係性

いろいろあるコラーゲンの効果の中でも、特にフォーカスされているのがアンチエイジングです。
アンチエイジングは、今やアラサーやアラフォーだけではなく、若い女性からも求められる効果なのでコラーゲンとの関連性をしっかり学んでおきましょう。

 

アンチエイジングとは

加齢の速度は、体に必要な成分を摂取しているかどうかで変わってきます。
そのため、最近はアンチエイジングという美容効果が注目されているのですが、アンチエイジングとは衰えの速度を遅くするということです。
スキンケアの場合だと、肌のハリや弾力、潤いの水準をできるだけ高くキープするのがアンチエイジングになります。
加齢には逆らえませんが、アンチエイジングで衰えに対抗することはできるのです。

 

コラーゲンとアンチエイジング

表皮の奥には真皮層があり、そこにはコラーゲンが網目のように張り巡らされていて、網目のつなぎ部分にエラスチン、網目の中にヒアルロン酸が存在しています。

 

 

この3つの成分が十分であれば肌のハリや弾力を保てるのですが、網となるコラーゲンが不足すると、肌はたるんだりシワが出来たりします。

 

エラスチンやヒアルロン酸がたっぷりあっても、コラーゲンがピンと張っていないとハリや弾力は保てないので、たるみやしわなどのエイジングサインが出てしまうのです。
コラーゲンを補給すれば、ヒアルロン酸もしっかり保持できるので、結果的にアンチエイジングにつながっていきます。
アンチエイジングにはコラーゲンが絶対に欠かせないので、いつまでも若々しい肌を保つにはしっかり摂取することが大切です。

page top