機能性が高いメンズ用のボディバッグの特徴をチェック

普段カバンを持ち歩かない男性でも、メンズ用ボディバッグなら小さいので持つ人もいますね。
中でも機能的で実用性のあるタイプならバッグを持たない男性でも身軽に持つ事ができます。

 

ボディバッグ

 

ポケットの数が多く収納しやすいタイプが機能的!

 

ボディバッグは肩にかけるタイプやウエストに回して使うタイプと色々ありますが、背面にポケットが別でついていたり中に仕分けができるポケットが付いていると非常に使いやすいですね。
背面ポケットは小さい物もあれば、マチが付いていて少し大きめのタイプと色々あります。

 

軽さも考慮しなければなりませんが、機能性で選ぶならポケットは多い方がどこに何を入れるかが分かりすいのでおすすめです。

 

大きめサイズのボディバッグなら小旅行も可能

 

ボディバッグを使っていてもあまりにも小さいタイプだとあまり物が入らない事もあります。
色々な物を持って歩きたいという男性や、持ち物が多い男性には大きめサイズのボディバッグが機能的で便利です。
大きめのボディバッグにはトライアングル型やスクエア型になっておりノートなども入るタイプがあります。

 

最近では軽量化されているボディバッグもあるので、普段持ち歩く荷物の量から考えて購入すると良いでしょう。

 

ファスナーが広くスライダーは2個付きをチョイス

 

機能重視のボディバッグを選びたいなら取り出しやすさも大切です。
バッグが大きく容量は入っても、ファスナーが狭いと物を取り出しにくいという事があります。
ぐるっと大きく開けられるファスナーなら財布や携帯などがすぐに出せますね。

 

またスライダーが2個付いているタイプであればどちらの肩にかけても取り出しやすくなるので便利です。
肩から外さずに、そのままパッと取り出せるようにファスナーが斜めについているタイプも人気を集めています。

 

機能性を重視しすぎると見た目があんまり、といった事もあるので中々難しいところではあります。
ちょうどバランスの取れたところをチョイスできるよう、バッグの中身まで慎重に選びたいですね。

人気ブランドが作るボディバッグを使えば、個性があふれ出す

ボディバッグを持つなら人気のブランドのものがおすすめになります。
ファッションセンスも上がりますし、持っていて個性も光りますね。
ここではボディバッグの人気ブランドを紹介します。

 

カバンと言えば吉田カバンのポーターシリーズが人気

 

カバンの老舗と言えば吉田カバンのポーターシリーズが有名ですね。
吉田カバンはポーターとしてボディバッグも販売しています。
歴史のある日本のメーカーなので、非常に根強い人気があります。

 

リュックで一躍有名になったマスターピース

 

マスターピースは94年にできたブランドですが、大きいリュックサックが人気となって一躍有名になりました。
そんなマスターピースからもボディバッグが出ており、色がカラフルなボディバッグをはじめシンプルなタイプやレザー、個性的なタイプが多いです。

 

どんな年代でも合うのがタケオキクチのボディバッグ

 

タケオキクチはどんな年代でも持てるとあって人気のブランドです。
小さいタイプや軽量タイプが好きな男性には小さめなのでおすすめになります。
防水やツヤ感のあるレザーを使用するなど、機能性や実用性も兼ね備えてあるボディバッグです。

 

海外ブランドとして人気の高級感あふれるコーチ

 

ボディバッグは海外ブランドのものも人気が出ているので気になるところですね。
コーチのボディバッグは季節ごとにも色々なデザインの物が出ているので人気があります。
ショルダー部分も丈夫で長く愛用する事ができます。

 

人とかぶるのは嫌!品質が高いと人気のココマイスター

 

個性的でありながら質感が高級感あふれる本革使用なので、人と同じになるのが嫌な男性や、革好きメンズに人気なのがココマイスターのボディバッグです。
革は使い込むほどエイジングが効いて味のある色になります。
個性的なボディバッグを求める人に人気のブランドです。

 

どうせ持つならお気に入りのボディバッグが良いですよね。
機能もさることながら人気どころのブランドもチェックしておきましょう。

ボディバッグのおすすめは?上級者が注目するポイントとは

ボディバッグと一口に言っても色や形、大きさや素材など色々なタイプがあるので迷いますね。
ボディバッグを1つは持っておきたいと考える男性も多いようですが、上級者はどんな風に選んでいるか選ぶ際のポイントを検証しましょう。

 

中身をどのように取り出したいのかで決まる

 

ボディバッグは基本的に1本のショルダーを肩から斜めにかけるタイプが多いのですが、その中でもバックルが付いていてカチッと外して使うタイプや、背面をずるっとずらして前面に持ってくるタイプがあります。
どちらの動作が自分にとってしやすいのか、またそれによって使いやすいファスナーのタイプなのかを調べておく必要があります。
取り出すという動作は何回もするので、ここがやりにくいと使いにくいボディバッグになってしまうので気を付けましょう。

 

普段の環境を考えてボディバッグの素材を決めよう

 

ボディバッグは通勤をはじめ仕事やプライベートどちらで使いたいのか、また汗をかきやすいのかなどや、持った感覚が柔らかい固いの好みもありますね。
ですから普段の生活スタイルを考えて素材を選ぶのがポイントとなります。

 

ボディバッグはレザーやナイロン、メッシュ地や布など色々なタイプがあるのでそこを考慮したいですね。
例えば1年通して使いたいとなると、レザーや本革使用がおすすめになります。

 

ボディバッグはファッションの一部!大きさが大切

 

ボディバッグは大きさが色々とありますが、ファッションに重要なのはバランスです。
これは洋服や靴にも言える事なのですが、自分の体型と合っていない大きさのカバンを持つとちょっとダサい!となる事もあります。
普段のファッションがどのような物が多いのかによっても変わってきます。
身長が低い人や細身の人は小さめのボディバッグが良いですね。

 

ボディバッグ上級者はこの辺りをポイントとして購入しています。
見た目だけでなく、総合的に考えて買う方が見た目のファッションセンスもかなり上がりますよ。

あの吉田カバンが制作するポーターのボディバッグの特徴

学生時代から社会人になってもずっと吉田カバンにはお世話になっているという人もいるのではないでしょうか?
カジュアルなものから大人が持てるバッグまで色々あり非常に人気を集めています。
そんなポーターのボディバッグはどんな物があるのか気になりますね。

 

どんな世代にも人気のある吉田カバンのポーターとは?

 

吉田カバンは1935年創業の老舗の鞄ブランドです。
有名どころはポーターやラゲッジレーベルといったブランドで、ボディバッグも色々なブランドの展開があります。

 

今の皇后様もかつての若い頃には使っていたと言われるほどの歴史のあるブランドです。
吉田カバンのボディバッグは世代を問わず、また男女問わず人気があります。

 

吉田カバンのボディバッグの特徴

 

吉田カバンは鞄だけでも2000種類以上のデザインのカバンを展開しており、ボディバッグだけでもかなりの種類があります。
また1つ1つ職人の手による手で作られたカバンですので、細かいところの作りが繊細で丈夫なのが大きな特徴です。

 

その中でも人気は、タンカーシリーズと呼ばれる航空のMA1をイメージしたナイロン製のボディバッグで、カジュアルなスタイルによく合います。

 

その他フリースタイルと呼ばれるウレタンコーティングされたキャンパス生地は丈夫でどんなシーンでも使えます。
また大人が持つのに最適なのがコルチナやアルーフなどの革シリーズです。
タンカーがかなり有名なため、ナイロンのイメージですが、牛革なども取り扱いがあります。

 

こだわりのポイントは日本製!丈夫なところが支持を集めている

 

吉田カバンのこだわりは何と言ってもメイドインジャパンを貫いているところです。
それは素材の裁断はもちろんのこと、最後の仕上げの段階に至るまで全て日本製です。
ですので丈夫、かつ繊細な作り、そして機能だけではなく見た目のセンスにもこだわりがあります。
それなのに、ボディバッグは2万から3万くらいとリーズナブルなのも人気です。

 

吉田カバンのボディバッグはシンプルなデザインで流行問わず持てるのも定評な理由ですね。

ウエストポーチとは違うの?ボディバッグに人気が集まる理由

ボディバッグは最近かなり人気が出てきていますが、同じく体に密着させるタイプとして昔からウエストポーチがありますね。
この両者の違いって何なのか気になりますね。

 

ウエストポーチとボディバッグの違いについて

 

ウエストポーチとボディバッグはどちらも体にぴたっと密着させて使うカバンなのですが、大きな違いは肩から斜めにかけて使うのがボディバッグ、対してベルトのように腰に巻くのがウエストポーチです。
ウエストポーチをそのまま斜めに肩にかけたのがボディバッグのような気もしますが、どちらかと言えばウエストポーチの方が小さい作りになっています。

 

またボディバッグが肩からひょいとくぐらせて背負うのに対してウエストポーチはカチッとバックルを装着して使います。
基本的にウエストポーチはずっとお腹側に付けて使いますが、ボディバッグは背中で背負っても、胸の前で背負ってもどちらもコーデとしては成立します。

 

ボディバッグの方が断然人気なのはなぜ?

 

まずウエストポーチは腰に巻きますが、ベルトをしていると付けにくい点や使っていると、どんどんずれやすいデメリットがあります。
それを阻止しようときつく巻けばお腹が出てしまいます。
その点ボディバッグであれば肩にかけるのでずれる心配がありません。
肩がなで肩であろうが、お腹が出ていようが体型を選ばないのが人気の出ている理由です。

 

その他容量がウエストポーチよりも入る、背面前面どちらでも持てるため気分で変えられます。
また最近ではボディバッグの方が素材の種類が多いため、固め、柔らかめと自分に合った素材選びができて個性が出せます。
ウエストポーチはどちらかと言えばご年配の男性やアウトドアをする時、釣りの男性などのイメージがあるのでおしゃれよりも実用性重視のイメージが強いという面もあります。
ですからおしゃれに持つならボディバッグという人が多いですね。

 

ウエストポーチをタスキがけとしてかけたのがボディバッグの始まりという説もあります。
両手が空き、実用性もおしゃれ感も揃うのがボディバッグのメリットでしょう。

カジュアルなのに高級感がある革のボディバッグはやっぱりカッコイイ

ボディバッグの中には色々な素材を使って作られたものがありますが、中でも色々なコーディネートに合うのがレザーのボディバッグです。

 

カジュアルなボディバッグもレザーならコーデが決まる

 

ボディバッグ派かショルダーバッグ派で意見が分かれがちなのですが、ボディバッグを敬遠する男性の意見としてカジュアル過ぎてしまうという声があります。

 

確かにナイロン製やキャンパス生地のボディバッグだとカジュアルなコーデに合わせるとよりカジュアルさが増してしまい、コーデが難しくなります。
しかし、レザー製のボディバッグならカジュアルなコーデに合わせると足し引きできるため、バランスが取れますね。

 

またデニムと革の組み合わせは非常に相性も良く、それでいてビジネスシーンとして大人っぽい格好にも革は合わせやすいのです。
もしボディバッグを考えている、ボディバッグ初心者の人は革のボディバッグがおすすめです。

 

丈夫で長持ち!作りにこだわりを感じるのが革タイプのメリット

 

革製品は合成革や馬、牛など色々なタイプがあり、使う革の面積などでも価格は変わりますが他の素材に比べて確かに金額は高くなってしまいます。
しかし通年使える他、かなり丈夫で長持ちするというメリットがあります。

 

さらに長く使えば使うほど色に味わいが出たり、1つ1つ手作りだと使う革の場所が違うため、同じ商品でも多少の色合いが元から違います。
そのため個性的で自分だけの特別感が味わえますね。

 

少し気をつかわなければならない部分はお手入れです。
基本的に汚れた部分は専用のクリーナーで拭き取って乾かすという手間がありますが、それだけでもっと長持ちするのでかっこいいボディバッグを愛用するためにも手間はかけたいですね。
またお手入れをきちんと行うと愛着もわいてきますよ。

 

カバンは消耗品だと考える人もいますが、長持ちする革を一度持つと手放せなくなります。
ボディバッグを持つなら、どんなコーデにもあう革タイプがおすすめです。

アクティブな人におすすめの防水タイプのボディバッグをご紹介

ボディバッグは毎日使える手軽さがウケていますが、長持ちさせようと思えば雨や傷にも耐えられるタイプが良いですね。
中でも雨に濡れる事はよくあるので、防水機能がついたボディバッグも売られています。

 

ボディバッグが防水だとありとあらゆる事が便利に

 

ボディバッグは基本的に背負うので、雨が急に降ってきたら必ず濡れてしまいます。
また雨というだけでなくスキー場でチケットやリフト券などを入れておくのに便利なボディバッグは防水機能がついている方が良いでしょう。

 

また登山などだとすぐに汚れがついてしまうため、そんな時にも防水機能が備わっていると帰ってから汚れを落とす作業の際に便利です。

 

防水ボディバッグの有名ブランドをご紹介

 

防水バッグは色々な種類のメーカーから発売されています。
有名どころでは老舗中の老舗である吉田カバンや、メンズボディバッグやリュックで有名なSEALからも防水タイプが販売されて人気を集めています。

 

また防水機能が抜群のアウトドアメーカーであるGERRYやコロンビアもボディバッグの種類はあまりありませんが、アクティブに過ごしたい男性にはおすすめのブランドになります。
通勤などで自転車を乗る男性達に支持されているブランドですね。

 

革製のボディバッグを持ちたいなら防水スプレーが便利

 

ボディバッグはナイロン製や、防水機能がついていると実用性も上がりますがどうしても革にこだわりたい時もあります。
ただし革は雨に濡れると雨じみができてしまい、せっかくの革も台無しになってしまいます。

 

革は日にちが経つと革が持っている本来の油がツヤとして出て、多少の撥水は効きますが最初は革専用のクリームを塗り、その上から防水スプレーをかけておくといきなりの雨でも慌てずに済みます。
雨じみが怖い場合は背中でなく胸側にバックを持つと、傘をさした場合濡れずに済みますね。

 

ボディバッグには防水タイプや雨に強い素材で作られている物も沢山あります。
自分の生活スタイルに合わせて使い分けるのが良いでしょう。

タブレットもらくらく入るA4サイズのボディバッグって、あるの?

ボディバッグは元々あまり物を収納するようには作られていません。
ですがあまりの便利の良さにもう少し容量があれば、色々な事にも使えるのにといった意見も沢山あります。
学生なんかは特にそう思うのではないでしょうか?

 

A4サイズの物が入るボディバッグはある?

 

ボディバッグの中にはA4サイズのタブレットやノートが入るボディバッグがあります。
ボディバッグの中でもウエストポーチのように横型タイプと縦型タイプに分かれています。
その中でもA4が入るタイプは上下にベルトがついている縦型タイプが通常です。

 

形は四角いスクエア型のボディバッグが多く、流線型で下部分が広がった、ゆるい三角形型も展開があります。
ボディバッグにしては大きく見た目は四角いリュックのベルトが一本になったタイプに見える物もあります。

 

タブレットの他にも授業で使うノートやモバイルパソコン、一泊の旅行に持っていく下着類やトラベルグッズくらいなら余裕で入るので、旅行に使う男性も多いです。

 

A4サイズの大容量ボディバッグはどんな機能がついていると使いやすい?

 

A4サイズのボディバッグを使う人は荷物が元から多い人や旅行などに使いたい場合が多いでしょう。
ですのでポケットが通常よりも多いタイプがおすすめです。

 

また大きいものを入れる事があるため、ファスナーは広くガバッと開くタイプが使いやすいのではないでしょうか?
できれば精密機械を入れるため、防水機能や軽量化されているボディバッグを選ぶのが良いでしょう。
マチもあるといろんな用途に使えるので便利ですね。

 

ただし大きいのでコーデとのバランスが取りにくく、見た目のおしゃれ度は少し下がります。
毎日使えるタイプを優先し、実用的で機能性に長けた物がおすすめです。

 

トートバッグやショルダーを下げて満員電車で揉みくちゃになっている人も見かけますが、ボディバッグならそんな心配がありません。
どうしても普段からタブレットなどを持ち歩かなければならない男性にとって、必需品となるのではないでしょうか。

はじめての人が知っておくべきボディバッグの選び方

ボディバッグを買いたいけれどどんな物が良いか分からないといったボディバッグ初心者の男性も多いですね。
どうせ買うなら失敗だけは避けたいところ。
ボディバッグの選び方について検証しましょう。

 

どんなシーンにも使えるよう色味を考えて買おう

 

ボディバッグは背中に背負っているとかなり目立つのでファッションの一部になります。
素材にもよりますが、いつでも使いたいと思っているなら派手な色味にせず黒や茶色といったスタンダードな色味がおすすめです。
ボディバッグは少しカジュアル感が出るので、ボディバッグ自体は少し大人っぽいくらいが良いのかもしれませんね。
素材の違いによってカラーが違うタイプもありますが、2色くらいにおさえておいたほうが無難です。

 

普段持ち歩きたい荷物から大きさを考える

 

普段自分がどの荷物を持って行きたいのかを考えてから購入を検討しましょう。
大は小を兼ねるとは言いますが、無駄に大きいバッグを買っても見栄えが良くありません。
逆に持って行きたい荷物よりもバッグが小さいとバッグがパツパツに膨らむのでそれはそれでダサく見えます。

 

男性であれば携帯、カメラ、タバコ、財布くらいが入るボディバッグであれば充分な大きさではないでしょうか?
持って行きたいものをリストアップしておくと買う時の参考になります。

 

安価の素材を避け体格に合ったボディバッグを

 

ボディバッグは安いものから高いものまでピンキリに商品があります。
しかしあまりにも安価の素材で作られたボディバッグだと、ベルト部分と本体の付け根がすぐに破れてしまいます。

 

またコーデの一部になるボディバッグは安価の素材だと見た目も悪くなります。
購入するなら品質や素材にある程度こだわりのある製品がおすすめです。

 

さらに体格に合ったサイズ感や、バランスを考えて購入するとセンスの良いファッションコーデが実現します。

 

初めてはお試し感覚で買ってしまう事がありますが、しっかりと検討してから買うほうが愛着もわいて長く使えます。

どんな服装にも合う多用途のボディバッグの色を調べてみると

ボディバッグはデザインの他にも色々な色がありますが、普段のコーデに合わせるにはどんな色を持ってくると良いのか迷いますね。
素材によって選ぶ色を間違えると子供っぽくなったりするので気を付けて選びましょう。

 

迷ったら普段の靴と合わせるのが基本

 

ファッションコーデの基本としてカバンの色は靴と合わせるというセオリーが存在します。
今はそこまでこだわる必要はないとされていますが、色に迷ったら普段よく履いている靴の色味を見てください。

 

例えば紺色の靴が多い場合は紺色が良いですが、紺は青系なので青に近い色味のボディバッグならだいたい統一感が出ます。
これなら普段着の色が色々とあってもコーデが締まります。
基本的に靴も選ぶ時に自分の好きな色を選んでいる事が多いので、自然とバックも好きな色味で合わせられますね。

 

おしゃれ上級者はバッグを差し色として使っている

 

おしゃれ上級者は逆に服にあまり色を使わず、単色や2色使いのシンプルなコーデを着こなす男性も多いです。
黒や白といったモノトーンが好きな男性であれば、差し色として赤やキャメルのボディバッグを差し色として使ったり、少し明るめの色を持ってくるおしゃれさんもいます。

 

普段から着る服装の形が定まっている人、色の系統が同じとこだわりがある人に差し色は効果的です。
ただ色んなタイプの服を着たい人にはちょっと冒険となってしまいますね。

 

どんな服にも合わせる事ができる色は何色?

 

スーツのようなカチッとした服を着る時もあれば、デニムやチノパンを履くこともある。
どんなコーデにも合わせたいならボディバッグの色は基本的に黒、茶、紺が定番です。
他の人と差をつけたいなら素材を革にしたりすると高級感もあっておしゃれ感が増します。
茶色は薄いキャメルからダークブラウンまで色に幅があるので同じ茶色でもカラバリがありますから、そこを狙うのも良いでしょう。

 

ボディバッグは単色ではなくバイカラーや柄物もありますが、全体で統一感が出るように選ぶとおしゃれ感がでます。