やっぱり日本製が良い?でも高い?ボディバッグは品質か?それとも値段か?

ボディバッグを購入する際に、日本製かどうかで悩む事もあるのではないでしょうか?
海外製が悪い訳ではありませんが、やはりメイドインジャパンと聞けば作りが良い物が多いですね。
高くても品質を取るか、安く済ませるか悩みどころでしょう。

 

日本製でも手頃な値段の物もあります

 

日本製は全て高いかと言えばそうでもありません。
手頃な2万円程度から3万円の間であれば色々と種類もあります。
ボディバッグはバッグの中でもそんなに大きくないので、素材や見た目にこだわらないのであれば日本製でも手の届く値段であります。

 

革製品が良くても予算外であれば合皮もありますし、キャンパス生地の上にコーティングがしてあるものは一見革のようにもみえます。
予算があるならこの辺で妥協という考え方もあります。

 

日本製の中でも素材にこだわったものは高い

 

素材の中でも高いのは本革で、希少な部分の皮であればかなり値段も張ります。
さらに日本製であれば1つ1つ手縫いで仕上げるため、作りもかなり細かくこだわりもあります。
仕上げるためにはかなりの時間がかかるメーカーもあります。

 

ただしあまり人と被らない、コーディネートが決まる、丈夫で飽きずに長く使えるというメリットがあります。
特別な物をと考えるなら、品質の面でも日本製で素材の良いものがおすすめです。

 

使う用途によっては消耗品と割り切っても

 

例えばスポーツする際に持っていきたい、登山やスキーなど濡れたり汚れたりするシーンで使いたい場合なら値段を優先して考えても良いのではないでしょうか?
汚れる恐れがあるのに手入れの大変な素材のボディバッグは、気を遣いながら使わなければなりませんね。

 

ですからどういったシーンで使うかによって消耗品と割り切る事もできます。
消耗品であれば日本製にこだわらず、値段の安いものでも問題はありませんね。
ただ見た目の面で高いものと比べて見劣りする可能性もあるでしょう。

 

普段の生活スタイルからボディバッグの予算を立てるのが良いでしょう。
あとはお財布との相談になりますね。