夏や冬。季節に合わせたコーデを意識してボディバッグを選ぼう

服は色々と季節によって素材を変えるのが普通ですが、ボディバッグをはじめカバンは通年使いたい人も少なくありません。
ただし真夏なのに冬の素材のカバンも見かける事がありますが、コーデとしてはちょっと浮きます。
服装と同様、ボディバッグも季節に合わせた素材選びが重要です。

 

通年使えるボディバッグの素材もあります

 

まずカバンの中身をいちいち取り出したくない、何個もカバンを持ちたくない人には一年ずっと使える素材のボディバッグを購入する事をおすすめします。

 

通年使っていても文句なしの素材は革、キャンパス生地、物によってはスウェット生地です。
革は夏には合わないという人もいますが、ボディバッグくらいの大きさならコーデの面積としてはそんなに暑苦しさは感じることはありません。
スウェット生地もどちらかと言えば寒い季節ですが、素材としては昔、家着のイメージだったのが、今ではかなり流行りの生地でもあります。

 

春夏に合わせたいボディバッグの素材は?

 

一方暑い季節であればナイロンが主流でポケットがメッシュ地になっているものなどが良いでしょう。
ナイロンは黒やカーキなら通年使えますが、他の色だと涼しげに見えます。

 

その他にもデニム地は爽やかな印象を与えるので夏でも使えます。
海にプールに持っていきたい場合は防水機能が付いているタイプや水を弾きやすいエナメルやビニール素材も良いでしょう。

 

秋冬はおしゃれの季節でもある!色々ある素材で楽しもう

 

冬にボディバッグを持つならスウェード生地やメルトン、革の中でもクロコダイル柄が人気です。
秋冬も通年使える合皮や本革の革が非常に人気となっています。

 

同じ革でも例えば春夏は明るめの色、寒くなると濃い茶色や黒など色分けで持つと使い分けができますね。

 

季節に合わせた素材のボディバッグと通年使えるタイプ、どちらも持っておいてその季節で合わせると非常にセンスも良く見られます。
特に真夏は汗をかきやすく、カバンも臭いやカビが発生するので素材には気を付けたいですね。