通勤やウォーキングのお供に最適な軽量ボディバッグについて

ボディバッグを通勤などで使いたい男性にとっては軽量なボディバッグだと嬉しいですね。
特に自転車やバイク通勤の人は重いと肩も凝るので軽いタイプが良いでしょう。

 

丈夫で軽いのは圧倒的にナイロン製

 

スーパーの買い物エコバッグなどもほとんどこのナイロン製が選ばれています。
それだけナイロンは軽いので、ボディバッグも軽量タイプを選びたいなら素材はナイロンが良いでしょう。

 

その他にもあまり見かけませんがヘンプ素材の麻や、カバンでよく使われる綿麻も薄ければそこまで重い素材ではありません。

 

選ぶ時に素材もある程度は重要なのですが、使っている素材の厚みでもずいぶん重さは変わってきます。
カバンを購入する際にはサイズと同時に重さが記載されているので気を付けて見ておきましょう。
軽いとわずか200グラム前後のボディバッグも売られています。

 

ちょっと待って!大きさや付属品にも注意が必要

 

素材はナイロン製でも上からコーティングをしていたりする物があります。
こういったタイプは重くなるので気を付けたいですね。
素材ばかりに気を取られて買ったら、やたら重いという事もあるので必ず重さは気にしておきましょう。
例えばナイロンに比べて革は重いというイメージですが、このようにコーティングされたナイロンとソフトレザーではレザーの方が軽くなります。

 

またファスナーが重い金属品を使っていたり大きめの装飾品、ロゴが金属であれば全体的に重くなってしまいます。
実際に持つのが1番良いのですが、バッグ同士を比べられない事も多いため重量の欄は大切です。

 

ボディバッグ自体がコンパクトタイプであればほとんどどんなボディバッグもかなり軽いはずです。
あまり持ち物を持たない人は、はじめからコンパクトタイプを選ぶのも手ですね。

 

ボディバッグは使い勝手も良く、リュックなどと違って身軽なのが特徴ですが、重いタイプを選んでしまうと片方の肩にかけるため重さも非常に感じます。
ウォーキングや登山などアクティブに使いたいなら素材や装飾品に気を付けて購入しましょう。